アガパンサス <片倉町>

アガパンサス <片倉町>

原産地が南アフリカだからでしょうか。暑さに強く、植えっぱなしで手がかからないので公園の花壇などにもよく植えられています。今回撮った写真も道路わきの歩道にある花壇というのか土の部分でした。

アガパンサス(Agapanthus)という名は、ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」の合成語で、つまり「愛の花」という意味です。そこから「恋の訪れ」「ラブレター」などの花言葉が、そして淡青紫色の涼しげで繊細な姿から「知的な装い」といった花言葉となったそうです。

 

アクセス

●横浜市神奈川区神大寺2丁目付近
●横浜市営地下鉄ブルーライン「片倉町」駅から徒歩約8分